アンミキのアモス

看護師として働く人は多くが女性ですので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。それにプラスして、勤務時間が一定でないこと、過酷な労働環境だということも相まって、離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。国外で医療的な支援を求めている人々に、看護師として役に立ちたいと考えている看護師の方もいると思います。現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。海外で看護師とし働くためには、患者とやりとりをするうえで英語を話せることが絶対条件になります。本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。課長職につく人物の収入がそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。例えば、公立病院の場合、約750万円と推測できます。新卒、もしくは、既卒の方が看護師の働き口を探してみても決まらず困っている話を聞きますが、年齢が原因になっている可能性があります。求人広告や求人サイトには特に年齢制限の記載がなくても、病院が裏で採用年齢を決めている場合があります。特に未経験で30歳以上の方が条件の良い働き口を見付けるには、相当な努力が必要になると思います。看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子育てをしながら働く看護師にしてみるととても難しい問題となっています。子供の就学前であれば費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。ですので、パートで働く形に変えていくという看護師もかなりの割合で存在しています。病院で看護師として働く場合、毎日の勤務時間がばらばらであり、ハードな仕事内容であるということを理由に他の仕事に移る人も結構いるということですが、看護師の資格を持っているということは意外と看護師以外の職業でも活用できるというのもよくある話です。具体例として、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。近頃は、ますます看護師は不足気味です。看護師の免許を持っていても、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。看護師不足が起こる原因は結局のところ、看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。離職率がどのくらいかというと、常勤看護師で11%以上です。女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。また、介護施設や保育園も看護師の職場と言えるでしょう。それぞれの会社で給料が変わるものですが、同じことが看護師にも言えます。総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では収入は違ったものになるでしょう。ですから、一般的な看護師の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいので借り入れをしようとしている場合にも審査で引っかかるということは殆どないでしょう。ですが、看護師の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースではそうとは言えないことも多いです。ローンを組むことが容易なのは派遣などではなく、正社員として勤めている看護師のように、安定している場合なので、看護師であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。病院の統廃合続きにより、医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして急患対応も行い、看護師の大半はかなりの重労働をこなしているといわれています。男性看護師の割合も増加しているのですが、いまだに女性の方が多い職場なので、ストレスが蓄積されたり、行きたいときにトイレに行けない看護師が便秘に悩まされがちというのも納得できる話でしょう。実際の看護師資格取得の難易度はどの程度だと思いますか?試験の合格率ですが、90%近くが毎年合格できているようです。試験内容も、学校で勉強しておけばそんなに難しい試験ではありませんので、これといって厳しい資格ということも無いようですね。病院では普通、看護師が注射や採血を行います。一般的に、注射が好きな人は稀なタイプだと思いますが、どうしても打たれなければならないなら、痛みが少ないようにしてもらいたいのが人情でしょう。とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、上手に刺してくれる人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。高い階級から言うと、職場によっても違うのですが、大抵は看護部長、総看護師長といわれる階級です。どういう人が出世するのかというと、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、一目置かれ、認められるような存在になることが必要だと言えます。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけより多くの給料を受け取れるはずです。一般的に、看護師という職業は比較的高給のイメージがあります。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態などハードな職業ですが、別の業種の給料と比較してみると安定して高給だということが目立ちます。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。高収入で安定した職業という意味においては看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。多くの看護師に共通する悩みのタネと言えば、対人関係の問題や不規則な勤務形態です。どうしても、女性が多い職場になると、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場もよくあります。夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。転職し、もっと環境の良い職場で働くのもアリだと思います。私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、病気になってしまって、その療養のために退職したそうです。でも、体調が良くなったら、復職して病院で看護師としての仕事を続けているのです。空白期間が出来ても、役に立つ資格があったら早々に復帰できますね。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。国家資格を有した正看になるためには、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが必要不可欠になります。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、専門学校に入学するための予備校に通って勉強する人もいます。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、看護学校が行っている通信教育課程が幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。看護師は、患者と接する場合が多いので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに気を付けた方が良いでしょう。自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いと思います。病院の雰囲気や方針次第で、ルールがそれぞれ異なるケースがあると知っておいた方が良いでしょう。もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合の考えられる良い側面と良くない側面を説明しましょう。まず、手術前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、看護師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。短所は何かというと、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、腰を落ち着けて患者の看護を実践するのが難しいことです。不安や悩みを抱えている患者から見ると笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、現実には看護師の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚えておかなければいけない仕事や繰り返しのチェックなど優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。そのため、うつ病を患う看護師も少なくないそうです。中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、国公立病院や公立機関で働くという方法です。看護師は知識や経験を積みながら長く働ける業種で注目されていますが、公務員のメリットを生かす事も出来ればこれ以上の安定性はないですよね。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは最大のメリットだと言えるでしょう。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によってどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみが可能な職場もあります。ここで気を付けたいことは、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して収入が少なくなることが多いようです。今の収入を減らしてでも、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。日夜、病院で働く看護師は休日がどのようになっているのか気になりますよね。実際には職場によって違っています。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも珍しくありません。一見大変そうなシフト勤務ですが、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、働く看護師は外見に気を付けておく事が必須になります。中でも、女性の看護師は派手な化粧はなるだけ控えておいて、印象の良いナチュラルメイクにするのが一番良いでしょう。素顔の時ともまた違っているので、周囲の人が感じる印象も良くなるでしょう。誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。しかしながら、近頃では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。異性から好かれる要素の多い看護師でも、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については早婚と晩婚が極端に分かれていると分かりました。挙げられる理由としては日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。同僚の大多数が女性、ということも多く、男性との出会いというものが少なくて、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。街コンの場面でも、看護師は人気があります。ですが、たとえカップルが成立しても仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、結局は別れてしまうケースが多いそうです。シフトを組んだ交代制勤務などで看護師の仕事は大変ハードでも、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、その情報を交代する看護師に伝える必要があります。簡単な伝言で済むレベルのものもよくありますが、症状に対する重要な処置の方法などに関しては重い責任の仕事だと言えます。職業上、看護師という立場では煙草を嗜む人が少ない気がしますが、その印象は間違っておらず、看護師の喫煙率は平均を下回っているそうです。病院で勤める以上、煙草の臭いを漂わせまいと自主的に禁煙している人が多いと理解できると思います。職場を変わられるときには看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、注意すべきことがあります。その注意点とは、履歴書に書くことの中でも特に志望した動機について、どのように表記するかということになります。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、成長に繋がるといったことや、今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など意欲溢れる動機がベターでしょう。

アンミキのアモス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です