まこととエンクミ

日通が引っ越しも扱っていることは、テレビで「引っ越しは、日通」のコマーシャルを見かけるのが当たり前になってきたくらい誰でも知っている事業になりました。昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名であるイメージを持っていたのではないでしょうか。しかし、最近は運送会社がどんどん家庭向けの引っ越しサービスに参入しています。運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。待ちに待った年金生活ですが、生活の大きな変化を余儀なくされます。思い切って、環境も変えてみませんか?退職前にマンションにお住まいか、持ち家にお住まいか、いずれにしても年金生活に突入することで、生活と住環境のずれが出てくるものです。特に、賃貸にお住まいのご家庭ではおそらく、家賃負担は厳しくなるでしょう。これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも今はごく当たり前の話です。引っ越しによって、今までになかった問題が生じるもので、ガスコンロが引き続き使えるかも、考えなくてはなりません。私が引っ越したときは、新築だったため新しいガスコンロが用意されていましたが中古の住宅やアパートであれば、引越し前から使っているガスコンロを引き続き使うという手もあります。引っ越し先でガスの種類が変われば、ガスコンロも使えないことがあるので、ガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、買い換えを検討しているならば、どんな器具なら使えるかを確認しましょう。今どきのマンションやアパートでは隣人はどんな人なのか、ほとんどわからないということがごく普通になっています。それでも、日常の挨拶や何かあったときにはお互いに助け合えるという仲でありたいものです。そのようなご近所づきあいのきっかけとして、転入の際には、ちょっとしたおみやげとともにお隣に挨拶に行くことがまず必要です。最近、引っ越ししました。準備をしているときにクローゼットの中を全部開けてみたのですが、使わないものをためこんでいたことがわかってため息が出ました。服をみるとずっと着ていなかったものが大半でした。結果として、引っ越しをきっかけに今までためこんでいたものを捨てられて、クローゼットも、自分の心の引き出しも余計なものがそぎ落とされました。自分の引っ越しでは、自分たちで運べないものだけ業者にお願いし、後の細かいものは自分たちで動かし、お金を節約しました。先に荷物を全部移動させ、市役所に転入届を出しに行きました。あちこちで思いがけないことがあっても、思いがけない人が協力してくれるもので、嬉しい誤算でした。その日のうちにご近所さんに挨拶に伺い、一つ一つ荷物を開けはじめ、後片付けに取りかかりました。私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。引っ越しの理由は進学や就職ですが、荷作りの大変さは毎回変わりません。そんな経験からわかったことは、単身世帯が引っ越すのなら少しお高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを手に入れるのが問題なく荷物を運べるのです。スーパーなどのダンボールやクラフトテープに比べても荷物の頑丈さが違ってきます。途中で荷物が壊れないようにするためにも、妥協せず手に入れましょう。引っ越しも一家で行おうとすると、なんだかんだと、引っ越し当日はやるべきことに追われて、一日がかりの作業を覚悟しなければならないので、当日でなくてもできることは片付けておくことをおすすめします。まず、上下水道をはじめ、電気、ガスなど、引っ越し後スムースに使えるようにしておくことは確実に終わらせなければなりませんし、引っ越し当日に使うと考えられるものは他のものに紛れないように、取り出しやすく、片付けやすくしておかなければなりません。多くの方にとって、引っ越しの荷造りをするとき、緊張するのは割れ物の対応です。万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいものです。ちょっとしたことで、割れ物も強度が増すようになります。ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、一個ずつ底から包むのが基本です。包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、クッションとしての役割がより高まります。持ち手がついているものは特に注意が必要で、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。部分的にでも引っ越しを業者に任せると、費用面は全く同じ引っ越しの依頼だとしても、時期による変動は必ずあります。特に、年度末や夏、冬の休みでは引っ越しの増加とともに業者も忙しくなり、全国どこでも相場が高くなります。その点では、可能ならば閑散期に引っ越すようにするとどの業者でもお得に引っ越しできます。業者によっては、時期によって倍近く費用が違うところもあります。けっこう多くの世帯で、引っ越すときにライフスタイルに関わる様々なことを再度見直すことになりますが、日頃見落とされがちなNHK受信料についても今後の対策を考える時です。もし、引っ越し先でテレビがないとすればどう考えても受信料を払う必要はありません。口座からの引き落としなら金融機関に連絡して止めてもらい、解約する方向に持って行く手続きを、やってみる価値はあります。今回の引っ越しで見積もりを出した際、大きな疑問を感じてしまいました。荷物の中に液晶テレビがあったので、それだけ別に個別の保険をかけることになっているそうです。そのとき運んでもらったのは40型の液晶テレビで、買ったときに30万円以上した場合、運搬の際に保険をかける決まりになっていると言われました。言われるままにおよそ1500円の保険をかけましたが、もうちょっと粘れば良かったのかまだ引っかかっています。何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、梱包作業を順次行ってください。引っ越し直前まで使う日用品を分けて、ざっと分類して順次ダンボールに詰めましょう。何を入れたか、ダンボールの外側に書いておくと荷物を開ける際、役立つでしょう。引っ越してすぐ使う、電気やガスや水道などの転出入手続きも抜け落ちないように気をつけてください。家移りするということは、生活の様々な点で変化が起こり物入りになるのはみんな同じで、引っ越し作業を業者に依頼するとしても予算の削減を図っていきたいですよね。少しでも安くできるかどうか、料金システムを調べてみませんか。割引サービスがある場合、その条件として年度末などの繁忙期以外に引っ越しすれば割引してくれることが多いもので、割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。全国共通の引っ越し必須グッズがあります。荷造りをするときに使うもので、ダンボールの他、テープ、ひもなどは絶対必要です。どこでも手軽に買えるものですが、専門の業者に依頼した引っ越しならば、契約するまでにこうした梱包材を無料で持ってきてくれることもあります。契約すればただで手に入るものが、先に買ったものが無駄になったと泣かないように業者に見積もりを頼む時には確認するのを忘れないでください。荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、思わぬ騒ぎになったという話もあります。冷蔵庫は引っ越しに備えて、前の日までに庫内が空になるようにし、コンセントを抜いて一晩で下の水滴貯めパレットに水がたまるため、捨てておけば準備完了です。庫内のもの、とりわけ生もの、氷などは前日までに食べきれるようにして、新たに買うのも控えて、冷蔵庫を使わなくても済むように準備しましょう。転居に必要な手続きの一つは、インターネット回線の移転手続きです。これが盲点だったという方も多く、これで引っ越し完了と思ったところで、ネット関連の手続きを見落としていたことにはじめて気づく、そんな方はどこにでもいます。人の移動が多いときには数週間待たないと工事ができないということもありますので、引っ越しの日をプロバイダーに伝えることは抜けのないよう、早めに終わらせましょう。固定電話を使うか、使わないかも、引っ越しの際に考え直した方が良いでしょう。もう固定電話を使わないという話になれば別ですが、電話だけでなく、ファックスなどのために電話回線が必要ならば電話会社との契約、あるいは転出転入などの手続きを忘れてはなりません。契約開始が引っ越しに間に合わないと、転居後すぐに電話回線を使うことはできません。引っ越しを決めたらできるだけ早めに片付けるようにするべきです。引っ越し費用を一円でも減らしたければ、およその見積もりを出してもらってから、引っ越し業者を決めるべきです。一番良いのは実際に業者に見てもらうことですが、それはちょっとできない、という場合はおよその荷物の量を電話で具体的に伝えるだけでも最適なプランを教えてくれます。他の業者の価格を伝えるとそれより高くならないようにしてくれる業者もあります。時間が許せばいくつかの業者の見積もりをとってください。引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越すのかによって相当変動があるようです。どうしても春先は、学校や職場が変わるため引っ越しが増えます。そのため業者に支払う費用は高くなります。週末や祝日も、同様に高くなります。では費用面を考えて引っ越しの時期や曜日をずらすか、といえば、それは困難でしょう。インターネットで検索すれば、引っ越しの総合案内サイトや業者の比較サイトがあり、複数の業者から無料で見積もりをとることができます。多くの業者から見積もりを集めて、引っ越し費用の削減を目指しましょう。いわゆる引っ越し好きの方なら別ですが、それ以外の方にとっては人生の中でも、引っ越しというのは一つのターニングポイントになるかもしれませんが、数々の大変な事態に陥ることも予想しておく必要があります。引っ越し当日はみんな忙しいのに、いろいろな仕事が集中したときにどこかでトラブルが発生すると、全体の予定が狂ってしまうこともあるのでくれぐれもスケジュールには余裕を確保しておきましょう。引越しで居住地が変われば、転出・転入の手続きをしますが、転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。まずはNTTに連絡しましょう。同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か知っておいてください。固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら引っ越ししても電話番号は変わらないことになります。いろいろな手続きを、引っ越しの際には行わなければなりません。重要なものの筆頭に、各市区町村の役所で、転出と転入の手続きをすることがあります。転出届は転出する市区町村の役所でもらいます。その後、今度は転入する市区町村の役所に行って、転入手続きをするという流れになります。言うまでもなく、転出届とセットでないと転入の手続きができないことは気をつけた方が良いです。税金や社会保険などの根拠になりますので他の手続きに優先して、まず終わらせておきましょう。業者に依頼する引っ越しでは、流れとしては日程など、引っ越しの大まかな内容が決まったところで、一社、あるいは複数の業者に見積もりを依頼し、自分たちが納得いく結果が出れば、業者に引っ越しの正式な依頼を行います。費用を節約するため、ご自分で荷造りを進めるお考えなら、普通は、梱包材を業者からもらえるので、それを使って準備します。引っ越し当日は、作業の流れについて全てプロにおまかせとなります。全ての人にとって引っ越しの際にはダンボールを使うわけで、引っ越し業者から無料で提供されることも多いのですが、無料ではないとか、それだけでは足りないとかいう話も耳にします。上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、ダンボールは無料で分けてくれるものです。その場合、サイズは一定していません。荷物が入ったダンボールを縦横に積み重ねるので、同一サイズでない場合、計画的に積んでいく必要があります。荷作りも終わり、明日が引っ越し当日となれば、忘れず当日のスケジュール調整をしましょう。何時に業者が来る予定か、作業を終えて運び出すのは何時かといった時間を確かめて、それに合わせて動けるようにしておきます。できるだけ荷物は運び出しやすい場所に持っていき、業者さんだけでなく、引っ越しに関係する全ての人のため冷たい飲み物が飲めるようにしておきましょう。作業の終わりに飲み物を出すだけで、夏だと、とても感謝されます。世帯全体での引っ越し経験があれば絶対必要になることとして、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。引っ越しは私も何度か行いました。解約自体が大変ということはありません。しかし、その解約を忘れてしまうと、転居後のガス代も請求される羽目になりますので確実に終わらせてください。また、転居した月の月末まで自分が支払うルールになっています。どんなケースであっても、引っ越しの前に最優先しなければいけないのは転出届を市区町村役場に提出することです。これは、今住んでいる市区町村で手続きします。役所に行けば手続きできますし、郵送で送ることもできます。それから、窓口が開いている時間に役所に行って手続きできなければ、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。実際に転居する2週間くらい前から、届を受け付けることができるようですので、確認してください。今の家に私たちが引っ越したとき、1歳になる子供と一緒でした。1歳児とはいえ環境の変化はわかるもので勝手が違うことに戸惑っているようでした。案外多くなっていた子供のものは、引っ越しを機に使わなくなったおもちゃなどを整理しました。何かと整理する中で母子手帳があったので、今まで書いたところを改めて読みました。一年くらい前の様子も、とても懐かしいと思ったのを覚えています。私は引っ越し経験があるほうだと思います。そのたびにガスを止めるのはいつか考えてきましたが、今までは、引っ越し当日に解約することが多かったです。どうしても、引っ越しの準備をしていると体力も使いますし、汗もかくため引っ越し前日には、夜遅くなっても最後のお風呂に入り、翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。引っ越し当日も、作業の合間に温かいものが飲めるとずいぶん癒やされるものです。

まこととエンクミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です